店舗ニュース

HOME > 店舗ニュース > カネボウ通り店

リンク集

自転車ブログ集

IL VENTO

2017/03/14

シクロクロスレースレポート @東海CX ワイルドネイチャープラザ

 
今シーズン最後となる東海CXのワイルドネイチャープラザ(以外WNP)に参戦して来ました。
 
 

 
WNPは日本で3箇所しかないらしい河畔砂丘を使ったコースが特徴で、別名"砂地獄"と呼ばれる難コースです。
 
個人的にも苦手なコースなので、いつに無く練習や機材など事前準備をしっかり行いました。
  
 
まずタイヤはC1クラスだと半数以上が使用していたIRCのシラクCXサンド。
まさに砂用タイヤなのでこれ以上の物は有りません(笑)


そしてバイクはいつも通りのFELT F4X。
砂のコースとの相性はどうだったかというと、想像以上に差が出るという印象でした。

固い路面では剛性の高さが生かされますが、砂だと変わらないかデメリットになるのではと、少々ネガティブな印象だったのですが実際に走ってみると何故か進む。(笑)
今回は砂を走るためにサドルのポジションを後ろにずらした事も関係してくると思いますが、前乗りポジションではロードのように進む感覚でしたが、後ろにどっかり座って低いケイデンスで漕ぐと違うフレームかと思うほどしなやかに進むようになりました。
CXバイクに限らず、最近のカーボンバイクって乗り味が複雑で一言で”硬い”、”柔らかい”と表現できなくなっていると常々感じているのですが、まさにそれで乗り方によって違う一面をみせるようです。


また、砂ゾーンでは前走者の轍を狙って走るのが基本なのですが、砂でハンドルを取られまくるので動きが安定しているF4Xは余裕をもって狙う事が出来ました。


一方、コースの2割ほどある砂の少ない森の中のゾーンでは、低すぎる空気圧と安定志向のバイクの相乗効果で全然曲がらず苦戦を強いられましたが、これは試走して決めた空気圧なので仕方のないことです。(笑)




レースの結果は最前列からスタート後、一時4番手で走るものの後半垂れてタレて5位フィニッシュでした。
苦手なWNPでのこの順位は正直嬉しいかったです。
 
 
これでシクロクロスのシーズンは終了ですが、これからいよいよロードレースの季節になります。
 
 
応援ありがとうございました。


Bike spec
F4X size 51 (https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2017/f4x-2/)
メインコンポ SRAM RIVAL&FORCE 1
パワーメーター Quarq ELSA R
ホイール DT-SWISS XR-1501
タイヤ IRC SERAC CX SAND Tubeless (front 0.9bar , rear 1.0bar)
ペダル CRANKBROTHERS Egg beater 2
ギヤ比 front 40t  (シングル) x rear 11-32t (11s)


スタッフ 岡

  • 名物”砂地獄”
    名物”砂地獄”


  • シケインをジャンプでクリア
    シケインをジャンプでクリア
  • FELT 砂仕様
    FELT 砂仕様
  • 空気圧1.0barは指で押すとこのくらい
    空気圧1.0barは指で押すとこのくらい

投稿者:カネボウ通り店 | 日時:2017年3月14日15時39分 | スタッフレポート

ページの先頭へ