店舗ニュース

HOME > 店舗ニュース > 浜松店

リンク集

自転車ブログ集

IL VENTO

今回は藤枝、島田地区の林道へ、
静岡の街を出発、藁科街道から清笹峠を登る。

清笹峠から大井川へ抜ける道としては笹間川沿いに行く県道63号線が有るが
新しいルートとして東海自然歩道の身成川沿いに行く道が出来た。
高根山の尾根沿いに続く、最近繋がったばかりの林道清笹高根線
これが出来たおかげで、清笹峠から川根の家山まで直接行けるようになった。(もちろんダートですよ)


清笹峠を越え、県道32号線を藤枝方面へ少し行くと
林道舟ケ久保線の入り口が右側に現れる


舟ケ久保線を行く
空は晴れ間が無く、小雨が降ってきた
下界は晴れているのがわかっているので気にせず濡れながら、そのまま行く


高根山登山道の入り口横に新しい清笹高根線の入り口が有る
ここは高根山山頂を囲んで左に舟ケ久保線の続き、右に清笹高根線
真ん中に登山道と、三つのルートに分かれる
右の道へ、行く


やっぱり、かなり新しい林道です


登山道と林道がニアミス
左のシングルトラックもいつか行ってみたい


晴れていれば、大展望台になっていそうな場所、


どうやら、見晴らしの良さそうな林道らしい、晴れてなくて残念


清笹高根線は終わり
次は大森上河内線でちょっとした峠を越えて身成川方面へ行く
こちらは舗装道路である


峠を越えると展望が開けて,お茶畑から
これから行く身成川と川根方面が見渡せる
天気が回復してきた、暑くなりそうだ


大井川鉄道、家山駅
レトロな駅で、よくTVドラマや映画のロケに使われる


最近、家山名物として、すっかり定着した
抹茶たいやき
駅の木製ベンチで頂く


家山から大日山への登り
昼食の後は
県道63号線を森町に抜けて、浜北まで走る


大日山金剛院
無人で閉まっていた
交通安全のお守り欲しかったなあ

大日山から掛川方面にもいくつかトレイルが有りそうだ
一応チェックしていく

さあ、もう帰ろう!!
  • 珍百景発見、山の斜面から蛇口が一つ出ていた、ちゃんと美味しい水が出てきたぞ!
    珍百景発見、山の斜面から蛇口が一つ出ていた、ちゃんと美味しい水が出てきたぞ!





投稿者:浜松店 | 日時:2011年9月12日17時27分 | お知らせ

2011/09/10

樽峠

台風12号が去って、やっと安定した天気になった日本列島
秋の気配が感じるこのごろです。
さて、今回は押し、担ぎを含んだ峠越えコースにチャレンジ
静岡の興津川上流の田代峠を越え、山梨県側へ下り
奥山温泉に浸かり国道52号線で静岡に戻ってくるコースの予定

昨日お酒を飲み過ぎ、ちょっと寝坊して予定より遅れて出発
まずは手前にそびえる、竜爪山越えからです、
ここは、いつもの走り慣れた道、
後の峠越えの事も考えて、なるべく負荷をかけず軽いギアでゆっくり登る


登りきって、がっかり
台風による土砂崩れの工事のため通行止め
強行突破しようとしても、この時間すでに工事が始まってるから止められるのは間違いない
引き返す


高山から吉原へ下る林道を使い興津川を目指す
天気が良く富士山もしっかり見える
ずいぶん時間と距離をロスしてしまった。
この時点で田代峠越えを諦めて、標高の低い樽峠越えに変更する


樽への道
こちらのコースも以前から行ってみたいと思っていたので、まあいいか!!


樽川沿いの道路はお茶畑の中で突然終わり
ここから登山道を行く


突然、私を出迎えるようにカモシカが目の前に現れる
まるで旅館の女将のように、しゃがんで両手をついているではありませんか
しかも私を見ても逃げる事もなく、おびえる様子もない
1mまで近づいて写真を撮らせてもらう
体がまだ小さいので若くて警戒心があまりないのだろうか。


道はいきなり険しくなる
沢沿いの道で、ごろた石のため乗るどころか押して歩くのさえ大変である
丸太の橋を何度か越えるが、これが良く滑るのだ


ひたすら押して、担いで登る


峠が近づくとヒュッテが現れる
無人で最近あまり使われた形跡がないが
予約すれば宿泊させてもらえるのだろうか

道は沢から離れると安定して歩きやすくなる


樽峠到着
ちょっとした広場になっていて、
案内板や道祖神もあり、峠らしい峠でよい所である
昼食のパンを食べていよいよ山梨県側へのダウンヒルです
期待持てます、


山梨県側の下り
静岡側と打って変わって、こちらは安定したシングルトラック
傾斜もきつくなく、木の根っこが密集している所以外はほとんど乗車可能
乗車率90%
スピード出し過ぎ注意


いや~楽しいなあ
苦労して登ってきた甲斐があった(山梨だけにね)


楽しいダウンヒル終了
県道802号へ下る
また7kmほど登れば奥山温泉へ行けるが、こちらも次回の楽しみにして
国道52号線を目指す


山梨県、南部町
道の駅「とみさわ」
山梨土産の定番、信玄餅を買って帰る
後はひたすら嫌な国道を静岡まで走る
国道52号は路肩狭く、大型車多く気を使う、しかも峠道
何度走っても嫌な道である。

  • 樽峠の道祖神、峠にあるとホッとしますね!
    樽峠の道祖神、峠にあるとホッとしますね!





投稿者:浜松店 | 日時:2011年9月10日13時15分 | お知らせ

A島です。
先日のお休みは素晴らしいお天気の中、鳳来寺に行ってまいりました。
陽射しがあたると暑くも感じますが、空気は秋のものでした。
台風を境に季節が変わった様な感覚ですね。

愛知県に入り、鳳来寺表参道に到着。
抜けるような青空です。




ヒツジ~




鳳来寺山の石段までやってきました。
ここから先はもちろん自転車では上がれません。
クリートはやめておけ!!




鳳来寺~。
といってもここからが登りですけどね。




思った以上に石段が続きます。
でも雰囲気もいいから楽しいです。




所々に色んな表情のお地蔵さんがおります。
これがものすごく楽しく、しょっちゅう立ち止まってなかなか進みません。




はいはい、本堂に到着~。




石段が長い分、心地よく疲れて最高です。
眺めもいいなあ。






本堂の裏の方にお地蔵さんたちが円をなして並んでいる所が有りました。
見つめる先は・・・フ、フクロウ先生!!!
この光景にA島釘付け!!!
今日という日はこれを見るためにあったといっても過言ではない!




大満足で下山。
引き返していく参道の雰囲気もいいです。




帰り道、夕方近くなるとほんとに秋の気配。
途中で梨を買って帰りましたとさ。





  • 夏休みはもう終わり~
    夏休みはもう終わり~





投稿者:浜松店 | 日時:2011年9月8日14時0分 | スタッフレポート

今年の夏、最後の休日
これから台風シーズン、その後季節はどんどん冬に向かっていきます
山深く入って行くチャンスは少なくなっていくので行ってきました。

最近は長いダートを走れる林道が少なくなってきました
近場では昔、天竜スーパー林道が長いダートの代表だったが
今や全線舗装され一般の人でも、ひょいひょい行ける観光道路に成ってしまいました。
いいかげん名前からスーパーを外してもらいたいものです
でも、ちょっと足を延ばせば、まだまだ有ります
春野町の国道362号から南アルプス深南部の入り口の山犬段へ続く、林道杉川線。
道はさらに黒法師岳方面まで続いています(一般車進入禁止)
まさにスーパーと呼ぶにふさわしい林道です。

朝5時、まだ薄暗い中、浜北を出発
フューンフューンとブロックタイヤのノイズが静かな道路に響く
気持ちイイ!!


朝の国道362号
林道入り口まで距離約51km
軽快に走る


林道入り口
春野町川上バス停前
左折してすぐ1kmも行かないうちにダートが始まる
そしてずっと延々ダートです


この道は年中崩壊だらけで
直しては崩れ、直しては崩れの繰り返し
4駆もオフロードバイクも行く手を阻まれる事多し、完走出来ることは滅多にない
ので、もっと荒れた道を想像したが


自分より先にブルが入っており道を直していた、ラッキーだ
時間も有るし、後ろをゆっくり付いていこう。
と、思ったが手信号で行け行けの合図
ブルを追い越す


ブルを追い越したとたん、これである
こんな感じがずっと続く
オフロードバイクのタイヤ痕が一台分路面にくっきり付いている
昨日か一昨日の跡だ、他にタイヤ痕は無し
彼は果たして完走出来ただろうか


今日も出会えると思っていたが、やっぱりいた。
日本カモシカ、こっちが動かない間、向こうも動かないので何枚も写真が撮れた


いつもの様にボトル3本用意して挑んだか
予備飲料がいらない位、沢、湧水が豊富
それゆえ増水による土砂崩れ、崩壊が多い


本日一番の土砂崩れ現場
ガードレールがひしゃげ、谷底へ向かっている


一人で行ったんで自作自演だが
実際こうして通過した
この地点にてオフロードバイクのタイヤ痕は完全に消えた
さすが、林道走行最強の乗り物マウンテンバイクである
ここを通過出来るのはMTBだけだ


最大の崩落地域を越えると
道は大きく右に旋回し、今まで走ってきた道が望める


林道走行最強の乗り物MTB
藪こぎに比べたら、こんな所ピクニックです。


沢の土砂と水が道を大きく横切っている場所多数
こんな所は良い休憩場所
いつもどうり、頭から水をかぶり、冷たい水をがぶ飲みする。


ゴーール!!
やったぜ!!スル―出来た。

杉川林道は蕎麦粒林道へ出た所で終点
さらに左折して山犬段方面へ行けばダートの林道はまだまだ続く


通行止めのフェンスが有ったが、いつも道り通過
が、いつもと勝手が違った
大工事現場多し、工事関係車両多し、作業員多し
丁度昼休み時間だったので
皆、弁当のご飯を口に含み、ほっぺた膨らまし状態なので何も言わないが
しっかり、こっちを見ている
何かヤバイ感じがしてきた。


やっぱり出てきました
最後の鎖のゲートで
リーダー風の若いお兄さんが

「いやー、せっかく苦労して登って来たのに、ここで終わりだよ~~ん。」と、優しい口調で止められる
「危ないからね!、どっから来たの」

杉川林道を登ってきたと言ったら驚いていた。

あと2~3kmで目的地の山犬段だが残念
ここで引き返す、高度計の針は1300m付近を示している
工事は長引きそうなので再チャレンジは、再来年あたりかな!


下りは川根方面の道を行く
こちらは立派なアスファルト道路
高度差1000m程一気に下る
下ったらやっぱり、暑いんだろうなあ


下りきったら国道を千頭駅まで行く
ちょっと休憩、今日もSLが止まっていた、ラッキー!


千頭駅前の立ち食いそば、
峠越えに備え、肉そばを食べる
立ち食いなのだがここの蕎麦、意外と美味しい
私は千頭に来た時いつもここで食べます


千頭から冨士城、蛇塚を越え、藁科街道へ下り静岡の街へ

帰りに、バイシクルわたなべ北街道店に寄り
林道で泥だらけになったバイクを整備させてもらう、お邪魔しました
北街道店のスタッフと次回一緒に林道を走る約束をし、自宅へ帰る

今日もいっぱい走った
いっぱい汗かいた
こんな日は、サイコーに酒がうまいのだ
いっぱい飲むぞ!!




  • 山の中、ただ一人今日も行きます
    山の中、ただ一人今日も行きます





投稿者:浜松店 | 日時:2011年8月30日16時1分 | お知らせ

8月27日、28日シマノ鈴鹿ロードレースに参加させて頂きました。1日目は2時間チームエンデューロ。お客様と組ませて頂きとても楽しかったです。ありがとうございました。夜は、お客様、スタッフ、家族を含めて一緒に焼肉を食べたりして楽しい時を過ごさせて頂きました。2日目はサイクルマラソン自分のペースで走りきれました。2日を通してとても楽しかったです。それにしても、皆さんとても速くてうらやましい限りです。今度はもう少し練習してまた参加できたらと思います。またよろしくお願い致します。(S田)


  • 私も参加しましたサイクルマラソンのスタート前。
    私も参加しましたサイクルマラソンのスタート前。
  • スタート。人数多いです。順次動き出して行きます。
    スタート。人数多いです。順次動き出して行きます。
  • 最初はあくまでもマイペース。だんだん鈴鹿のコースがこたえてきます
    最初はあくまでもマイペース。だんだん鈴鹿のコースがこたえてきます
  • ピット裏は人でごった返しています。ここで出番を待ちます。
    ピット裏は人でごった返しています。ここで出番を待ちます。
  • 1日目の夜は、お客様とスタッフ交えて焼肉を食べました。
    1日目の夜は、お客様とスタッフ交えて焼肉を食べました。
  • 家族も同伴でアルコールの量も進みました。
    家族も同伴でアルコールの量も進みました。

投稿者:浜松店 | 日時:2011年8月29日16時27分 | スタッフレポート

<<  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125   >>
ページの先頭へ