店舗ニュース

HOME > 店舗ニュース > 静岡青葉店

リンク集

自転車ブログ集

IL VENTO

 雨が上がって晴れ間も出てきましたね。
ちょっと肌寒い感じですね。
いよいよ冬がやってくるんでしょうか。。
冬物の準備はお済ですか?
カジュアルにも着れるサイクルウエアあります。笑
どーも。。武田です。



武田のロンドンレ―ポートも第五弾!
最終回となります。

泣いても笑っても
今日がロンドン最終日。3回目の朝です。

午後からはミズタニさんが大英博物館などを
案内していただけると言うことで午前中はフリー

ここで1つ気づきます。
ロンドンのサイクリング写真ほとんど真っ暗じゃん!!と。

せっかくなんだから
ステキな街並み、建物をしっかり見て回りたい。と言うことで



しっかりサイクリングです。
明るくなる7時半くらいまで帰り支度をすませ
いざ出発です!

まずはアビーロード リベンジ。
しっかり定番ポーズはとっているのですが
今回の旅の相棒BROMPTONと映りたいじゃない!って
BROMPTONバカっぷりを発揮。笑



目指すはこの写真!



さらにみんなで苦労して完成したのがこちら!



皆さんホントお疲れ様でした。
とっても素敵な写真が取れました。



続いては目指すはロンドンタワーブリッジ!!



途中ビッグベンも写真に収めます。
天気が良くてとってもきれい。



ガード下のステキなマーケット。
市場一つとっても、おしゃれなロンドン。



ちょうど通勤ラッシュの中を走ります。
現地のロンドン住民の後を必死についていきます。



ロンドンは日本と同じで左側通行。
ただ違うのは自転車は車だとしっかり認知されていること。
車道はもちろん右折は右折レーンへ入ります。

ちゃんと手信号を出せば車が道を譲ってくれる。
しっかり走らないとクラクションを鳴らされて怒られます。

なんど怒られたことか。。
ロンドンのみなさんすみません。



BROMPTONに乗っている人もとても多く
やはりロンドンでは普段使いで使っている方が多いんですね。

しかもみんなヘルメット、反射素材のものを着用。
意識高いです。

ヘルメットをかぶっていない僕たちが逆に浮いてました。汗



EUいちの高さを誇るビル Theシャドーを眺めながら
ビルの間を走ってゆきます。





ロンドンタワーブリッジは逆光でしたが
とてもきれいでした。





ここからはテムズ川沿いを戻ります。
テムズ川沿いは自転車専用の道路もあり快適に走れます。
気持ちよかったなー。
Facebookには動画も上げてありますのでチェックしてみてください。





三度、ビックベン。笑
この建物がやはりいちばんインパクトがありますね。





すぐ近くには
ウエストミンスター寺院。






ちょこっとはしって
バッキンガム宮殿。



赤い衛兵さんは、かなり遠くの方に。
ここまでに見てきた建物が大きかったり、カッコよかったりしたので
バッキンガム宮殿がすこしあっさりとして見えます。笑


そして最後はBROMPTONの聖地へ!



ブロンプトン教会
BROMPTONを開発した時にアンドリュー氏のガレージから
この教会が見えたことから見えたことから
BROMPTONの名がついたというエピソードが有名ですね。



さらにこの教会からつづく道が
BROMTON STREET!!



通りを表す標識で写真を。
BROMPTONの最新の工場を見て。
誕生した地を訪れる。ちょっと感動です。笑

集合時間まで少しあるので
BROMPTON通りにあるオープンカフェで朝食を。



ミルクティとクロワッサンダマンド。
そしてBROMPTON。
うーん。。
絵になるなぁ。。



ショーケースのケーキも美味しそうだったけど我慢。


ホテルに集合しチェックアウトを済ませた後は
大英博物館へ!!





でかい!!
流石、世界的にも有名な博物館!!
しかもここ入場無料なんです。

遠足でしょうか子供たちも元気よくはしゃいでました。

時間も限られているので
メインどころをつまみ食い。笑



ロゼッタストーン!!







エジプト館!



ギリシャ館!



教科書とかで見たことある感じのがあるわ、あるわ。。
説明文が英語なので詳しくはよくわかりませんが
すごいのはよくわかります!笑



ロマンです!
歴史はロマンなのです!!

大英博物館。
これ見て回ったら3日くらいかかりそう。。
ゆっくりまた来たい場所です。

博物館からは歩いて散策。





露店の花屋さん。
ハロウィンが近いからか、かぼちゃがたくさん。





途中のお菓子屋さん。
美味しそうだっだので、たまらず1つ。笑
レモンクリームマフィン。







どこもかしこも街並みがおしゃれでカッコイイ。
なれてはくるものの飽きない。
ステキな街ロンドン。



自転車屋さんなので
イギリスに来たらおさえとかなきゃと
BROOKSの直営店へ。



これまたおしゃれ!!
BROOKSの革サドルはBROMPTONにもバッチリ似合います。
カスタムのご用命は是非青葉店でお願いします!!

最後はチャイナタウンで昼食を。



ギネスブックにも載っている
「世界一接客態度が悪い中華料理店」
ワンケイで。

今回はだいぶおとなしい方だったのですが
ひどい時はほんとすごいらしいですよ。

でもみんな目どころかほんとに笑ってくれない。
「いらっしゃいませ。」もないし「thank you」ももちろんありません。
なかなか日本では見かけないお店でした。笑



味は大味ですがまずくはかなったですよ。
ロンドンに行ったときは是非。笑



預けてあった荷物を受け取り
タクシーでヒースロー空港へ。

これにてロンドン滞在は終了です!

本当に楽しかった。
とても勉強になったし、貴重な体験もたくさんできました。
また行きたいなぁー。いや、また来こよう!と
心に決めて出発です。



ミズタニ自転車の方々に見送られながら日本を目指します。

ずっと滞在中引率して下さった
バッキーさんがいないと急に不安になります。
まさにバッキーロス状態。笑



イギリスの出国検査は厳重で
前のおじさん靴まで脱がされてたので
やましくないのにドキドキしましたが
出国審査も無事クリア。



またも11時間の飛行機です。
ただ帰りの飛行機は夕飯を食べてる途中からの記憶がない!!笑

気づいたら朝ごはん。。
写真も撮らずもぐもぐ食べ。

ただいま日本!!
聴こえてくる言語は日本語だらけ
日本語の文章が多い看板を見ると
スゲーほっとしました。笑



荷物を待っていると
となりにはチームSKYのスタッフの方たちが!!
ちょうどジャパンカップの前でしたからね。

同じ飛行機だったみたいです。



到着入国ゲートをくぐり無事帰国。
今回ご一緒させていただいたBROMPTONディーラーの方々と記念撮影です。

右から
仙台 シクロヤマグチ 山口さん
静岡 わたくし、バイシクルわたなべ 武田ですね。
名古屋 GO CYCLE 中村さん
栃木 オレンヂジュース 比嘉さん
京都 LORO WORLD RECUMBEMTS 八木さん

みなさん本当にいい人ばかり。
今回ご一緒で来て本当に良かったです。
滞在中は本当にお世話になりました!!
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

是非お客様の皆様も
近くにおいでの際は立ち寄ってみてください。


最後になってしまいましたが
忙しい中、快く僕たちを受け入れていただき
とても貴重な体験をさせていただきました
ウィル社長はじめBROMPTONスタッフのみなさま

現地では何から何までお世話になりました
ミズタニ自転車の中村さん、バッキーさん!!
本当にありがとうございました!!

みなさまに心より御礼申し上げます。


さぁ!
そんなわけで
これから青葉店はこのステキな自転車BROMPTONを
さらにパワープッシュして皆様にお送りいたしますよー!!

近々ステキなご案内も出来るかも!?

ご興味を持っていただいたみなさま。
そしてBROMPTONユザーのみなさま。

是非青葉店にお越しください!!
一緒にBROMPTONを楽しんでまいりましょー!!

 

 






投稿者:静岡青葉店 | 日時:2016年10月29日14時16分 | スタッフレポート

 さぁ10月最後の週末ですね。
ハロウィンで盛り上がっている方も多いのでは?
うちの犬はお菓子をあげてもいたずらします。
どーも。。武田です。

なかなか進んでませんロンドン日記。
すみません。
書きたいことたくさんで
まとめられず、長い日記になっております。。
もう数回お付き合いください!!笑





ロンドン滞在2回目の朝です!!

目が覚めてしまうだろうから、また5時に集合しましょう!
なんて約束をし就寝。

武田、寝坊しました。

起きて時計を見てビックリ。
5時半を回っているではないですか。。

仕方がないので
のんびりとロンドンの朝を過ごすことに。
ホテルの朝食を堪能しお勉強に備えます。

携帯を充電したまま部屋に忘れてしまったので
写真は有りません。すみません。。
なかなか豪華なビュッフェでしたよ。笑



走りに出かけた店長たちには
まさかのロンドンのパンクの神様が降臨したらしく
大変だったようです。

でもそこはBROMPTON販売店の精鋭です。
ピンチをチャンスに変えました。





地下鉄を使い輪行体験をしてきたそう!
流石です!!
ご一緒したかった。。
寝坊してすみません。。

写真お借りしました。
ありがとうございます。


さてロンドンのホテルの朝を満喫し
本社向上に向けて出発です。



そうこの日は丸一日お勉強です。
ここまでブログを書いてきて
ロンドンを楽しんできただけなんじゃないかって声が
大きくなっているのでアピールします!!

丸一日、本社工場でお勉強です!!

昨日も行っているので
工場までは慣れたものです。
初日のビクビクを感じさせない
ロンドンシティーボーイを気取って向かいます。笑

午前中はテクニカル研修です。

通常のショップではできない
メンテナスを行えるようになるためのお勉強をします。



優しく教えて下さったナイスな兄貴。(すみませんお名前を度忘れしました。。)
日本に数年住んでいたこともあるそうで
日本語もいけるという、ありがたいお方。


今回覚えてまいりました作業内容は

■シートピラースリーブの交換
■リアヒンジの交換
■メインヒンジの交換

の3つです。





このBROMPTONメンテナンスのエプロンカッコよかったなぁー
欲しいなぁー。。笑









今までいじったことのない部分だったので
ドキドキハラハラ。。



安心してください。しっかり覚えてきましたよ!笑

ただ作業に専用工具が必要なため
現時点ではまだお受けすることが出来ません。
また準備が出来次第ご報告致しますので
今しばらくお待ちくださーい。



さらにBROMPTONの
溶接体験までさせていただきました。

教えていただいたのは
見た目と違ってとっても優しい溶接マスター。

もうね。めっちゃ褒め上手。
褒められて伸びるタイプの武田をノセるのがスゲーうまいんです。笑

まずは見本を見せていただき
そのあと優しくエスコート。



最後は一人で。

「グゥード!」
「グレーイト!」
「エクセレント!」
「ビューディフォー!」


なんだろこんなに褒められたことないですよホント。
ってくらい褒めちぎります。

最後には
「これでお前も溶接師だぜー!」




武田はノセられやすいタイプです。
もう有頂天。笑

で、出来上がってきた溶接したものがこちら。



ジャーン!!

真ん中のやつ超きれいにできてんじゃーん!て
思ってくれたあなた。
流石!それ師匠がやったヤツっす。

あー。上のもなかなかなんじゃない?って
言ってくださったあなた。
あ、それ師匠にエスコートしてもらったやつです。。

一番下のぐちゃぐちゃなのが武田のです。
すみません。出直してきます。。

でもすごい勉強になりました!

これにて午前の部は終了。
ランチの時間です。

これまた日本に留学をしていたリンリンさんと
セールスのモデル系超イケメンでおしゃれ。さらに自転車もはやい、ジョーと
マーケティング部長でBROMPTONナンバー2の偉い方(すみません)と




頂いたのは
ロンドンステーキプラウドパイ。。
これも美味!!
おいしかったですー。

ここでもご飯を食べながら色んなお話を聞くことが出来ました。
ちゃんと伝えましたよ
リミテッドの意味わか。。。。笑
すごく真剣な顔になり
言葉のちがい、文化の違いをしっかりと理解していかなければと思っている。と
おっしゃっていただきました。

きっと伝わっていると思います。

そしてお腹が膨れて幸せな気分で本社に戻り
会議室で座学の時間です。



会議室には「けいおん」作者の方の絵がサイン入りで飾られてました。
BROMPTONが登場するアニメですものね。

午後の暖かい日差し。
膨れたお腹。
まじめなお話し。。。。

もう完璧な条件がそろっております。

後は自分との戦いです。笑

BROMPTONの企業理念。
BROMPTONの世界での販売状況。
BROMPTONこれからのこと。などなど。。

必死にメモを取ってまいりました。

が、ブログでまとめるとこんだけです。。
ご容赦ください。。汗
ちゃんと武田のトークには反映されているはず。
いえ反省されています!!

入れ替わり立ち代わり講義を受け気づけば就業時間外まで。。
BROMPTON本社の皆さん本当にありがとう御座いました!!


全ての講義が終わって帰り支度をしていると
まさかのウィル社長再登場!!

武田達の講義が終わるのを待っててくれたそうです。

なんてやさしい方なんだ!!

しかもこの後娘さんと約束があるそうで
おおいそぎで帰って行かれました。

なんていいパパなんだ!!

本当にありがとうございます!!



しかもお土産まで。。
ウィル社長サイン入りツールキット!!



これは非売品ですよ!!
武田のコレクションにします!笑

お店に展示してございますので
是非見に来てください。



これにてBROMPTON本での研修は終了。

働いている皆さんはみな笑顔。
とっても素敵な職場で、皆自分の仕事に誇りをもって働いているのが
ひしひしと伝わってきました。
何よりみんなBROMPTONを愛している。

こんな素敵な人たちに作られているBROMPTONは
本当にステキな自転車なんだと改めて実感することが出来ました。

こんな僕たちを快く迎えて下さった
ウィル社長ならびにBROMPTONのスタッフのみなさま。


本当にありがとうございました!!
Thank you very much !!



改めて御礼申し上げます。







この日はみんなぐったり。
なんちゃって和食屋さんで夕食を取り
最終日に備えぐっすりと眠りました。


不思議なもので3日もいないのに
ホテル近くの地下鉄の駅に戻ってくると
すごいホッとするんですよ。笑




次回 ロンドンレポート最終回!
最終日 ロンドン名所てんこ盛りサイクリング、歴史ロマン、帰国!

こうご期待!!笑






 






投稿者:静岡青葉店 | 日時:2016年10月29日11時2分 | スタッフレポート

 雨ですねー。
あいにくの天気です。
この雨が冬を連れてきちゃうのかしら。
もうすぐ11月ですものね。
どーも。。武田です。

さぁ!
ホントに武田は勉強をしてきたのか!?
なんてお声が聞こえてきてまいりますが

ここからですよ!!
ここから!笑


さてBROMPTONジャンクションロンドンを後にして
地下鉄にゆられBROMPTONの新社屋、新工場へ。





最寄り駅はグリーンフォード。



のどかな景色の中歩いていくと見えてきます!!
新工場。どーん!!



昨年移転してきたばかりのピカピカの建物です。





ピッカピッカのエントランスでは
ブロンプトンの生みの親アンドリュー・リッチー氏の写真がお出迎え。



ロンドン市内に設置されている
レンタルBROMPTON BOX もありました。
会員登録をして予約するとBROMPTONをレンタル出来ちゃうんですって。

入館する手続きをしていると
なんとウィル社長が!!

びっくりして写真を撮るタイミングを逃しました。笑
社長に導かれるまま本社のオフィスの一画へ。



な、なんておしゃれなオフィス!
そしてソファ!!

紅茶をいただきながらお話を伺います。
ティorコーフィー?聞いていただけるなんて嬉しい限りです。
ブロンプトンの現状。。
日本のお店のこと。。
要望。。
こんな末端のわたくしたちの話をとても真剣に聞いてくれました。

ブラックエディションに始まる
限定版についても意見を伝えてきました。

やはり海外でのリミテッドと日本の限定とでは
とらえる意味合いが違うようです。
でも伝えたかったことはわかっていただけたのかぁーと思います。

話をしたらウィル社長はお仕事に戻るのかなーと思っていたら。。。
そのまま工場へ。



そうウィル社長直々に案内をしていただく事に!!
なんというビップ待遇!!
写真の黒いシャツを着たナイスガイがウィル社長。
すごく気さくで素敵な方でした。



工場はとても広く、とても明るいフラットなかんじで
みんな楽しそうにお仕事をされているのが印象的でした。

工場内にはいくつも木が植えられており
迷い込んだ鳥たちが羽を休められるようにしてあるという
ステキ心使いまで!!







工場の入り口の一画には
BROMPTONミュージアムが。
反射しちゃってきれいに取れなかったですが貴重な設計図とか当時の写真とか。
世界的にも貴重なオールドBROMPTONとか。。



世界に一台しかない限定のコラボレーションBROMPTONとか
よだれ物です。笑



イケメン溶接職人のFA氏
すごく若い方なのにたくさんいる溶接職人のなかでも
特に溶接のきれいなマスターなんですって!



BROMPTON溶接マスターたち。

ブロンプトンのフレームには
それぞれ溶接職人のイニシャルが刻印されているんです。
FA氏の名前が刻印されたブロンプトンがあったら
この時のものかもしれませんよ。







工場にはきれいに溶接されたBROMPTONのフレームがたくさん。



フレームはそれぞれ厳しいチェックにかかり
磨かれた後塗装へ。



工場の中にはまだ稼働していませんでしたが
塗装工程までありました。
これが完成するとすべてBROMPTONはこの工場で製造されることになるそうです。

塗装されたフレームは
人の手で一台一台組み立てられていきます。
一台を10人くらいで分担して組み立てられていました。



工場には箱詰めされた新車が。。
しかもシールには「TOKYO」「JAPAN」の文字が!!
これがうちに来るBROMPTONかもしれませんね。



工場内のとある廊下に作られたトリックアート。
最先端の工場にも遊び心をちりばめたステキな工場です。





ウィル社長の工場案内はどんどんディープなところまで進んでゆきます。。
なんと普段はいれない秘密の企画室まで!!
NOツイッター、NOインスタグラム、NOFacebookのマークにも遊び心が。

この奥では見てはいけないようなあんなものやこんなものまで。。。
内容は口外すると切腹ものだという約束なのでここでは秘密です。笑

武田は何も見ていません。

さらにオフィスに戻って社ウィル長とディスカッション。
いろいろこちらからの要望も伝えてきました。
かなうことを願いましょう。笑



この日は工場見学とウィル社長とのお話しで研修終了。
ホテルに戻ります。
工場を出るとロンドンの虹が!





帰りの電車でBROMPTONを輪行する方を発見!
ロンドンでは輪行袋を使う必要がないのでそのまま電車にもって乗れちゃいます。
便利だなー。



途中の乗り換えした駅。
映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台ノッティングヒル。
ここも行ってみたいなー。



ホテルに戻った後はお土産を買いに
ロンドンいちの繫華街ソーホー地区へ。
さすが大都会ロンドン。
キラッキラッ!
でも、ただネオンキラキラじゃないとこが素敵なのです。
まるで〇ィズ〇ーランドに迷い込んだかのよう。




ショーケースのお菓子たち。



夜のチャイナタウン。



劇場。レ・ミゼラブルのゴージャスな看板。

夕飯はロンドン飯ばかりではと日本食屋さんへ。
その名もTENTEN亭さん。
日本人の方がやっているお店です。



武田は鍋焼きうどんを。。
出汁が身体にしみました。笑

ロンドンのご飯も美味しいのですが
やっぱり日本食って素晴らしいですね。



この日はホテルに戻り就寝。
明日の朝また目が覚めてしまったら走りに行きましょう
なんて話をしたのですが。。。

つづきは次回!



次回 いよいよやりますテクニカル研修、午後の座学はポカポカ陽気?

こうご期待!!笑

 






投稿者:静岡青葉店 | 日時:2016年10月28日16時58分 | スタッフレポート

 青葉店前の青葉公園の
イルミネーションの準備が始まりました。
あー。もう今年もあと2カ月ちょっとなんですね。。
どーも。。武田です。

さて
前回の続きですね。
ロンドン珍道中2日目。



現地時間22時過ぎにホテルへ戻り
別途に倒れこんだ武田でしたが。。。

ふと目が覚めるのです。
すごいねていたような気もします。。



窓の外はまだ暗い。。
あーちょっと早くに起きちゃったかな。。。

時計を見る。

…。
……。
午前2時。
夜やん。

もう一回寝る。
覚める目。

午前3時。。。

寝れない。笑

時差ボケなんて平気っすなんて言ってすみません。
バリバリボケてます。

そんなわけで
BROMPTONの準備をはじめ
同じく目が覚めてしまった皆さんと一緒にサイクリング!!

この時に子供の鳴き声や笑い声が聞こえて
一人でめちゃくちゃびくびくしていたのですが
翌日斜め前の部屋の方が辺ベビーカーとお子さんを連れていたので
すごくホッととしました。笑



午前5時ホテル出発。
まだロンドンは真っ暗です。
コレ一人だったら来なかったな。。。



ハイドパークの入り口。





バッキンガム宮殿。



ウエストミンスター寺院。



ビッグベン。



テムズ川とロンドンアイ。

結構ロンドンは観光地が密集しているので
ちょっと走るだけで名所の数々がまわれます。



お腹もすいてきたので朝ごはんを食べることに。
せっかくだから現地の物をってことで
スコットランドヤード警察署の裏路地で見つけたサンドイッチ屋さんへ



スゲーお店のおじさんが優しいの。
BROMPTONは奥のガレージに入れていいよとか。。
お前らどっからきたんだとか。





イギリスの定番の朝食プレートはコレだとか。。
一番人気はこれだとか。。
パニーニの中身はコレとコレだとか。。

たぶん。。
そんなことを言ってたんだと思う。



さすが海外。超ボリューミーなの。
でもめちゃウマ。
午前六時前ですがもちろん完食です。笑
あ、皆でですよ!全部ひとりで食べたんじゃないですよ!www

お腹もいっぱいになって
優しいおじさんにお礼を言ってさぁ帰ろうとしたとき。。
幸せいっぱいの武田達に思わぬアクシデントが!!

「ヘイ ユー!!
それユー達のバイクか!?」


警察署の門番さんに唐突に声をかけられます。

最初はさすがBROMPTON乗ってるだけでも
声かけられるくらい有名なんだなー
「イエース ブロンプトン!!フロムジャパーン!」
なんて喜んでいたのですが。。。

「ホントにオマエラノバイクか!?
そんなガレージから出てきやがって!!」

チョー怒ってるんですこのひと。

どうやら泥棒と間違えられている様子!!
焦る武田達。
「日本から持って来たんだよぉー
オレのだよぉー」

しかし言葉の壁は高く。。通じない。

店のおじさんに聞いてくれて晴れて解放。

店のおじさんが笑いながら
「お前らブタバコ入りだったぜぇー」と。

笑いごとじゃないんですけどね。
疑い晴れてよかった。笑

そんなネタになるようなアクシデントを抱えてホテルへ戻りました。







明るくなってきたロンドンを走りつつホテルへ戻ります。
夜が明けて明るくなっていくロンドンの街もこれまたおしゃれでしたよ。

ホテルに戻ってからは
ミズタニ自転車さんの案内で観光しつつ
BROMPTONジャンクション ロンドンの見学と
BROMPTON本社工場へ案内をしていただく事に。

距離があるとの事で移動は地下鉄で。





一日乗車券。
初乗り運賃がなかなかなので
これがお得だそうです。

今回は乗れませんでしたが
あの2階建てバスだって乗れちゃうそうですよ!





ロンドンの地下鉄はとってもミニマム。
中も狭いので、こんでいる時なんかは
背の高いイケメンも腰をかがめて乗ってました。笑



まずはビートルズで有名なアビーロードへ!!
もちろん例の横断歩道でお決まりのポーズを。

なんの変哲もない交差点なので
車はビュンビュン通っていました。
写真もチャンスを狙ってバッととる感じ。笑
週末になると撮影の列ができるそうなんですが
さすが月曜の朝ってこともあり貸し切り状態。



すぐ近くにはビートルズがレコーディングをしたスタジオもあります。




シャーロックホームズで有名な
ベイカーストリート駅で乗り換えて




お次はキングスクロス駅。
地下鉄の駅はまるでお城のよう。





ロンドンから北へ向かう電車のほとんどはここの発着とあって
とっても大きい駅でした。



9と3/4番線でお分かりになる方もいるでしょうか?
ハリーポッターが魔法学校へ行くために魔法の世界への玄関口があるホームですね。
9と3/4番線は別の場所に移設され
テーマパークの一角のように。
写真撮影は長蛇の列だったので隙を見て一枚だけ。

寄り道もほどほどに、
いよいよBROMPTONジャンクションロンドンへ!






とってもおしゃれなショッピング街に面したお店。
ショーウインドーも店内の装飾もとーってもおしゃれ。



どこもかしこもBROMPTONです。



階段の手すりも。







テーブルも椅子、鏡までも!
ぜーんぶBROMPTON。
これほしかったなぁ。。笑





新色のグレーを使ったB-スポークを前面に押し出した売り場。
このグレー/ライム めっちゃカッコよかったです。



ピットスペースもチョーカッコいい。
奥には整備をまつBROMPTON達がたくさん。



好きなフレームカラー、変速、ハンドルなど様々ば組み合わせで
BROMPTONをオーダーできる「B-spoke」
今回の研修で青葉店も間もなく登録店舗になれるかと思います。

こんな素敵なオーダータッチパネルははいりませんが
是非オーダーをお願いいたします。笑



店長のヤヴォーさんに
ロンドンのBROMPTON事情をいろいろ教えていただきました。







お昼はヤヴォーさんと一緒に近くのパブで。
フィッシュ&チップスを。。
美味しくないと聞いてはいたものの
美味しい!!
ちょっとボリュームがなかなかでしたけどね。笑

ご飯を食べながらも
色々なお話が聞けました。

朝のサイクリングでもよく見かけましたが
ロンドンではBROMPTONは普段使いの自転車として通勤などに使われることが多いようです。
店長も毎朝25キロ近くをブロンプトンで通勤しているらしいです。
見習わなければ。。。汗



ご飯を食べたら
いよいよBROMPTONの本社工場へ!!

やっとお仕事の雰囲気が出てきたところなのですが
寄り道トークが長くなってしまったので、今回はこの辺で!!笑
次回 BROMPTON工場見学 案内人はウィル社長!?

こうご期待!!笑





 






投稿者:静岡青葉店 | 日時:2016年10月27日16時41分 | スタッフレポート

なんだか今日は暑いですね。
もう10月も後半なのに。。
どーも。。イギリスかぶれ武田です。



さて先週5日間ものお休みをいただき
武田はイギリスへ行ってまいりました。
え?遊びに?

いえいえ勉強です。
大事なのでもう一回言います。

勉強です。

はい。冗談はさておき。。
BROMPTONの工場見学と技術講習を受けに行ってきました。
笑いありアクシデント有りの珍道中。

思い出写真盛りだくさんなので
何回かに分けてお送りいたしますので
気長にお付き合いください。





10月16日早朝。
羽田を目指し出発いたします。
今回はBROMPTON持参で参加できるとの事で
持って行かない手はありません。



ケースはもちろんキングオブBROMPTON輪行(武田認定w)
フォルドンケース。
BROMPTONがピッタリ入るハードケースです。
内側は厚手のクッションになっているのでBROMPTONも傷つきません!!

ほとんど隙間はないのですが
トラベル用のフロアポンプとフロントバック用のフレーム等を詰め込めました。
まだ隙間があるので、うまく詰めればもうちょっと入りそうです。
ただ全体重量が23Kg を超えないように注意です。。





新幹線は始発と言うこともあり
すいていたので難なく一番後ろの席に座れました。
大きい荷物は背中の後ろへ。
混み合う時間帯を避けたいところですが
どうしても無理な場合は一番後ろで指定をとると楽ですね。



品川で乗り換え京急で羽田へ。
空港に着くといよいよ緊張感が出てきます。
なにしろ武田海外旅行経験も少なく
ヨーロッパは初体験。
フライト時間は約12時間!
5時間を超えるフライトなんてもちろん初めてです。



ちなみに参考までに
今回の武田の荷物はこんな感じ。
3泊5日の日程です。
パッキングが下手ですみません。。

現地の行動+機内持ち込み用にBROMPTONロールトップバックをチョイスしました。
ブロンプトンのバッグはフレームを外せばフツーのバックなので
こういう時も便利です。



不安をそっと心に秘めてチェックイン。
今回航空会社はJALを利用させていただきました。
JALの荷物預かりの規定は
3辺の和が203cm以内で23kg以内の荷物が2個まで受託荷物で可能なのであります!!
つまりBROMPTONも預けてさらにもう一つスーツケースが預けられちゃうって寸法です。
折りたたみ自転車である旨を伝えればしっかりと預かってくれるので安心です。


荷物を預けてWi-Fiかりて両替して。。
いざ出国です!!





ドキドキ飛行機12時間は案の定寝れず。。
映画を見てました。



機内食は2回。
待望のフィッシュ オア チキン?はフィッシュを選択。笑
アクアパッツァ風パスタ。
なかなか美味しかったですよ。



2食目はエア吉野家。
何でしょうね吉野家のこの安定感。
すごい安心しました。

痛くなったお尻を携えイギリス上陸です!!
英語!!英語しか聞こえないのであります!!









無事荷物を受け取りロンドンへ!!
預ける時に折り畳み自転車ですって言っておいたので
BROMPTONは別に用意してくれてありました。






お迎えのタクシーに乗車しホテルまで。
憧れの黒タクシーですよ!!
しっかり荷物も詰めてゆったり乗れて快適でした。





チェックを済ませて部屋でのんびり。。。
日本との時差は約8時間ほど。
飛行機の中も寝れなかったのですでに24時間近く起きている計算に!!汗
でも眠くない!!(笑





せっかくロンドンに来たんだからと街へと繰り出します。
一歩出ればどこもかしこも。。オサレ!!



駅前のお花屋さんも。。





街角のちょっとした交差点も。。



ちょっとした路地も。。
オサレ!!ステキ!!カッコよすぎる―!!笑

初ヨーロッパフィルターかかってたとしても
キラキラしてるよ。
行きかう外人さんカッコイイよ!!

ちょっと周辺を散策しただけなのに
何枚シャッターを切ったことか。。
あげきれないので、ほんのこれ一部です。



夕食はホテル近くのインド料理屋さんへ。
植民地時代からの名残でインド系の移民の方も多く
カレー屋さんとかがロンドンは多いらしいです。



美味しいカレーをたらふく食べました。
後半から睡魔が襲い掛かり
写真もほとんど残ってませんでした。。。汗

この日はホテルのベッドに倒れこみました。
「え?時差ボケ?
そんなものきっと大丈夫ですよ!
こんなに眠いんだから朝までぐっすりですよー!」

などと余裕をのたまいながら。。。

そう。
この時の武田は時差ボケの恐ろしさを甘く見ていたのであります!!



次回
恐怖の時差ボケ!早朝LONDONサイクリングと工場見学

こうご期待!!笑









 






投稿者:静岡青葉店 | 日時:2016年10月26日19時24分 | スタッフレポート

<<  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125   >>
ページの先頭へ