BIKE・パーツ用品

パーツ

サドル

サイズだけじゃない
最適なサドルの選び方

よほどスパルタンな乗り方をしない限り、サドルに求められる一番の性能は快適性に尽きるでしょう。ほとんどの方は、「オシリの痛くならないサドル」探しに悩まれた経験があることと思います。
サドルもまた、愛車を手に入れてから最初に交換したくなるパーツとして人気がありますが、ホイールなどと違ってこちらは必要に迫られてのことが多いですね。初心者が、特にスポーツバイクを乗りこんでいく過程では、ある程度オシリに痛みが出るのはしかたがない面もあります。ですが、ご自分にベストマッチのサドルを選んで乗っている方が意外に少ないことも事実です。

サドルのサイズは座骨の幅が目安。

サドル選びには、ある程度の法則と、個人差による微調整の両方が重要になります。なかなか文章では書き表せませんが、サドル選びのコツとしては、「サイズを合わせる」、「柔らかさにだまされない」、「正しい乗り方で評価」といった点が挙げられます。
なかでも難しいのが「サイズを合わせる」こと。サドルは座骨の幅を目安にサイズを決めるのですが、自分の座骨の幅を知っている方はそういません。段ボールなど柔らかめの素材を使って座骨の幅を測る方法もありますが、大切な問題なのでプロショップに相談することをおすすめします。ショップによっては、フィッティング用のサドルをたくさん用意していたり、サイズの測定機があったりしますので、マイバイクを早くベストセッティングに仕上げる近道にもなります。
また、こういった場ではなかなか書きづらいですが、オシリ(いわゆる臀部)よりもっとデリケートな場所に痛みを感じる場合は、サドルの変更やパッドの追加などが急務の場合もありますので、我慢せずにベテランやプロに相談していただけたらと思います。

乗り方が間違っていると、この迷路からは抜け出せない!

快適なサドル探しが永遠のテーマと化してしまっている方の場合、乗り方が問題ということもあります。スポーツバイク、特にロード系のバイクは、サドルに全体重をかけるような乗り方はしません。正しいフィッティングをされている方ならおわかりだと思いますが、腕と両脚と座骨のバランスで体重を支えているようなイメージです。オシリが痛いという方は、サドルの位置が低い、上体を起こしすぎている、背筋が仕事をせず腰が前に出てしまっている、といった乗り方に原因があることも多いのです。足がシビレるなんて方も、ドカッとサドルに腰掛けてしまっていないか、今一度チェックしてみましょう。疲れてくると、そうなりやすいですよ。

パーツ選びに迷ったら、まずは最寄りのバイシクルわたなべへ。
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ