BIKE・パーツ用品

ペダル

サドル

ビンディングだけがペダルじゃない
初心者でも安心のペダル選び。

スポーツバイクのカタログを熱心に見たり、お店に行かれたりした方ならご存知と思いますが、スポーツバイクはたとえ完成車であってもペダルが装着されていません。ペダルは、乗り手に合わせて選ぶものだからです。 スポーツバイクでは、一般的にビンディングペダルという専用のペダルを装着します。普通の自転車は、ペダルを漕ぐ=ペダルを踏む、ですよね。そこで、シューズの裏側にクリートと呼ばれる金具をセットし、これをペダルにカチッとはめ込むことで、引き上げる動きでもクランクを回すことができるようにするのです。スポーツバイクをフィットネス目的で乗る場合も、バランス良くふくらはぎやフトモモの内側の筋肉を使えるビンディングペダルは必須アイテム。足が固定されているために自転車との一体感が得られ、ライディングが安定するメリットもあります。 ロード、MTBに関わらず、ビンディングペダルは一度使うと離れられない、必需品と言えるでしょう。

使い方さえ覚えれば、ビンディング恐るるに足らず。

とは言え、初めてスポーツバイクに触れる方が、まず戸惑ってしまうのも、このビンディングペダルの存在です。
自転車は自立できない乗り物ですので、足をペダルに固定してしまうことに恐怖感を感じるのは当然。ですので、ビンディングはクランクを回す方向以外に力がかかると、簡単に外れるようになっています。スキー板のビンディングと仕組みは同じで、一度はめれば通常の動きで外れる心配はありませんが、外したいときは足首を横にひねるだけです。

初心者&街乗り用なら、MTB向けがおすすめ。

それでも心配、という方には、MTB用の片面ビンディングペダルがおすすめです。自転車から降りる機会が多いMTBには、もともと歩くことを考慮したシューズと小さいクリートが用意されているのですが、片面がフラットな普通のペダル、もう片面がビンディングという製品があります。これなら普通のシューズでまずライディングに自信がついてから、ビンディングにトライということもできますし、普段の街乗りはフラット、週末のロングライドはビンディングという使い分けもできます。ポタリングなどではロードバイクに片面ペダルでトレッキングシューズ、なんてベテランもたくさんいらっしゃいますね。
スポーツバイクはビンディングで乗ってこそ真の性能が発揮できますし、からだの疲れ方も大きく違ってきます。ビンディングペダルが苦手な方も、ゆっくり克服してスポーツバイクの楽しさを存分に味わっていただけたらと思います。


パーツ選びに迷ったら、まずは最寄りのバイシクルわたなべへ。
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ