BIKE・パーツ用品

パーツ

ハンドル

バイクの操作性はもちろん、
スピードや疲労度に直結する重要パーツ。

自転車のハンドルは使用用途によってほとんど決定しているために、あまり大きなカスタムは行わないパーツです。
一般用自転車のカマキリハンドルなども含めると大変複雑になってしまうので、ここではスポーツバイクで代表的なハンドルを見ていきましょう。

ライダーとバイクを一体化するパーツ。

ハンドルのもっとも重要な役目はステアリング(舵取り)機能ですが、もうひとつ、ライダーの姿勢を決めるという点にハンドル選びのポイントがあります。ハンドルをからだに合った形状やサイズにセッティングすることは、ライディングの基本中の基本です。
ロードバイクの場合、ハンドルはドロップハンドルが主流ですがドロップハンドルの中にも実はさまざまな種類があります。現在代表的なのは、アナトミックハンドル(エルゴノミックハンドル)。握る位置によって姿勢を変えられること、歩いているときのように手のひらが内側を向く自然な姿勢を取れることなど、その名の通り人間工学的な見地から設計されたハンドルです。
一方、クロスバイクやMTBなどで採用されているバーハンドルは空力や疲労低減には不利なものの、比較的直立した姿勢を作りやすく、気軽に乗れるメリットがあります。腕をからだの真正面に伸ばしているために衝撃の吸収に有利という点も、街乗りや悪路走行時の安心感を生んでいます。
特殊なものでは、トライアスロンやタイムトライアルに特化し、腕を前に突き出すようにして空力を稼ぐエアロバーなどがあります。


ハンドルは、正しいセッティングで活かそう。

実際のところ、ハンドルは装着してしばらく走ってみないと善し悪しがわからないため、大変選びにくいアイテムのひとつです。そこでプロショップでは、ライダーの体格と使用目的によって、ある程度のセッティングデータを持っています。ですので、ハンドルはとっかえひっかえしてベストなものを探すよりも、信頼のおけるショップで具体的な数値を元にして選ぶことをおすすめします。ある程度確かなセッティングから始めないと、不満が出たとしてもその原因がどこにあるのかなかなか追求できず、ベストセッティングまでの道のりが遠くなってしまうからです。


パーツ選びに迷ったら、まずは最寄りのバイシクルわたなべへ。
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ