BIKE・パーツ用品

HOME > BIKE・パーツ用品 > パーツ > 目的や趣向に合わせたフレーム選び

パーツ

目的や趣向に合わせたフレーム選び

自転車を乗り替えるとは、
フレームを替えることに等しい

シンプルとはいえ、さまざまな部品の集合体であるバイク。その最も中核に位置するのが、フレームです。ハンドルやサドル、コンポなどを取り替えてもバイクを替えたとは言いませんが、フレームを交換したら、それは違うバイクになります。

フレーム単体と完成車があるのは?

ショップで売られているバイクには、すぐに乗り出せる完成車と、部品を組み付けなければバイクのかたちにならない、フレーム売りの2種類があります。スポーツバイクでは完成車に使用しているフレームを単体でも販売していることが多いです。また、フレームメーカーの商品がバイク雑誌やカタログに完成車価格でなく、参考価格表示になっているのは、どんな部品を使って組むかによって、最終的な価格が違ってしまうため、あくまでも暫定コンポで組んだ場合の参考価格なのです。
それでは、なぜフレームは単体で売られるのでしょうか。多くの理由はフレームとコンポーネントの年代の異なるモデル同士を組み合わせられるからです。フレームは毎年グラフィック変更だけでも新しいモデルが発表されますが、コンポーネントはフレームと比較するとモデルの種類もグレードも選択肢が限られているため頻繁に交換する必要もありません。また、乗り替える動機が新しいフレームにあるなら、これまで使っていたコンポーネントと互換性のあるフレームを選べば、その分コストを抑えてフレームだけを着せ替えることができます。すでにハイエンドクラスのコンポーネントパーツを所有しているオーナーにとってはこのほうが出費を抑えられるケースも多いのです。

独特のしなり感や振動吸収性の高さなど、素材特性もいろいろ

自転車は、モーターサイクルや自動車と比較しても新素材の導入が早いジャンルです。近年では、徹底的な軽さと強度を両立するカーボン・コンポジット(F1やスペースシャトルに使われている炭素素材)のフレームも珍しくありませんが、自動車でフルカーボンの市販車は、ほんの一握りのスーパーカーだけ。究極的にシンプルな乗り物である自転車が、いかに効率的に進化してきたかを語るエピソードです。現在、ロードバイクで主流なのは、やはりカーボンとアルミ合金です。ともに軽量素材ですが、アルミは比較的重く乗り味が固め、カーボンは軽くてある程度の衝撃吸収性があり、しなやかな乗り味であるとされています。一部のMTBのように大きな強度が必要なモデルでは、クロモリ鋼を使うこともあります。ちなみに良質なクロモリモデルはランドナーなど長距離を快適に走るうえでは欠かせない素材でコアなファンをつかんでいます。また、チタンフレームもカーボンのしなやかさとアルミの剛性感を両立させたような独特の乗り心地でファンも多く、カスタムオーダーサービスなどもあります。
カーボン

カーボン

アルミ

アルミ

ライディングフォームやスキルに合わせて検討しましょう

継続する自信とある程度の資金もあるから一気に高級バイクで……もいいのですが、後々調整できないフレームサイズ選びは慎重にしましょう。スキルアップによってライディングスタイルが変わっていくことがあります。フレームサイズのバリエーションにも制約はありますので、ステム長やサドル位置設定などである程度詳細なフィッティングはできます。最近注目のモノコックフレームなどは乗り心地はいいのですが、オーナーのライディングフォームでシートポストを切断するため、セッティング後のサドル高の調整幅はおのずと制限されます。フレーム選びで迷われたらあらかじめ経験豊富なスタッフにご相談ください。

メタルフレームのオーダーメイドも(ご相談・予約制)

クロモリ、アルミなど金属系オーダーフレームのご相談も承っております。実績と経験に裏打ちされたフレームビルダーの匠。その技がビルドアップするフレームは上品で格別な乗り心地です。ハンドメイドで世界にあなただけの価値ある1台が生まれ、あなたを乗せて大地を疾走するシーンを実現してみませんか。

フレーム・パーツ指定組み付けオーダーやコンポーネントのグレードアップにも対応パーツ指定の完車組み付け、フレームの乗せ替え、コンポーネントのグレードアップなどもまずはご相談ください。

フレーム選びで迷ったら、まずは最寄りのバイシクルわたなべへ。
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ