BIKE・パーツ用品

HOME > BIKE・パーツ用品 > パーツ > コンポーネント(ロード編)

パーツ

コンポーネント(ロード編)

ロードの主流はシマノとカンパ
まず、この2大メーカーを知ることから始めよう。

コンポーネントは、ご存知シマノが自転車用の部品をセットにして呼ぶときに使った言葉が定着したものです。なかでもクランク周り・変速機・ブレーキ・変速レバーなど走行するための機構を主としたセットをコンポーネントと呼ぶようになり、現在に至っています。ですので、シマノ以外の他社や海外では「グループセット」等の呼び方が一般的です。

コンポ選びは、将来性が大切!?

コンポーネントは、自転車、特にスポーツバイクを選ぶ際には必ず知っておきたい主要パーツです。現在ではシマノ、カンパニョーロ、SRAMの3大メーカーの製品がほとんどのバイクに搭載されており、それぞれ幅広いラインナップでユーザーのニーズに応えています。特にロードバイク用としては、シマノとカンパが2大勢力で、ギアセットのみなどコンポーネント以外の形で供給しているパーツメーカーも、シマノかカンパどちらかに組み込めるように規格を合わせています。
ですので、完成車を買う際には将来の自分の乗り方も考えることが大切になります。ステップアップに対応できるモデルを選んでおけば、ギアをもっと高速寄りにしたいとか、レバーを上位モデルに替えたいといった際に、最小限の出費に抑えることができるからです。ショップの店員やベテランの方に、いつかはレースに出てみたい、こんなパーツを使いたい、といった自分の目標を伝えて、なるべく発展性のあるグレードやモデルを選びましょう。

日本のみならず、世界スタンダードのシマノ

まず知っておきたいのは、自転車のパーツメーカーとして世界トップシェアを誇るシマノの製品です。1980年代半ば、それまで手加減でシフトしていた変速を、変速レバーにラチェットを設けて容易かつ正確にしたシマノインデックスシステム(SIS)や、ブレーキレバーにシフター(変速操作レバー)を内蔵したデュアルコントロールレバーを発明し、スポーツ自転車に変革をもたらしています。コンポーネントの「DURA-ACE(デュラエース)」はシマノロードコンポーネントの最上位機種。シマノの高い技術が注ぎ込まれたプロスペックのレーシング機材です。
シマノはラインナップの幅広さや国産品ゆえの信頼感、部品供給の確かさで、誰にでもおすすめできるブランドです。初心者から上級者、街乗りから世界最高峰のレースまで対応する、まさに世界のスタンダードと言えるでしょう。

7900系(通称79デュラ)
2008年6月発表。それまでのアルミ合金とチタン合金を主用した構成に加えてカーボン製パーツが導入され、さらなる軽量化と変速性能の向上が図られました。STIレバーのシフトケーブルは内蔵式となり、無線化された専用サイクルコンピュータのセンサーユニットが組み込まれました。変速ギア数は7800系と同じく10段です。

DURA-ACE 7970(通称Di2)
また通常の7900系と共に、電動変速機のDURA-ACE 7970も 「エレクトロニック シフティングシステム Di2」の名称で発表されました。コンポーネントの要ともいえるデュアルコントロールレバーがスイッチ操作になって、指を少し動かすだけで変速できるショートストロークによるダイレクトな操作感。バッテリー部分の取り外しや充電もワンタッチ。この進化の賛否は……試してみるのが一番です。

パーツグレードを知っておこう[PDF:516KB]




DURA-ACE 7900シリーズ


DURA-ACE 7970

伝統が輝く憧れのブランド、カンパニョーロ

一方、スポーツバイクユーザーならご存知のイタリアの老舗、カンパニョーロ。車輪の脱着を容易にする「クイックリリース」を発明した自転車競技では欠かすことのできない存在です。ツール・ド・フランスなどの世界各国のレースで使用され、トップブランドとして数多くのファンの憧憬を集める存在です。特にコンポーネントの「スーパーレコード」「レコード」は、長年のレースでの実績では突出した存在になっています。 上級者向けのラインナップを主軸とするカンパは、チタンやカーボンなどの軽量素材を使ったぜいたくな製品が多いのが特徴。メカニズムのシマノに、徹底的な軽量化で対抗しています。
高価格帯の製品が主流であり、輸入製品であることから、ちょっと手が届きにくいカンパニョーロ。だからこそ、デザインの美しさも相まって、より憧れのブランドとしての輝きが増すのでしょうね。



スーパーレコード

パーツ選びに迷ったら、まずは最寄りのバイシクルわたなべへ。
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ