BIKE・パーツ用品

用品・工具

工具・その他

バイクのコンディションを維持し、長く付き合うために。
メンテナンスや管理・保管のための必須ツールから便利アイテムまで

ないと困るものから揃えよう
日常のメンテナンスがトラブルを防ぎます

お気に入りの愛車には、長く快適に乗りたいもの。日常点検やメンテナンスは、自分でできることはこまめにやってバイクのコンディションを維持しましょう。
サドルやハンドルまわりの調整はアーレンキー(六角レンチ)が数本あればできます。主要なアーレンキーのセットはコンパクトで軽量なミニツール(携帯用)としても売られています。出先でのポジション調整やちょっとしたトラブル時にも役立つので、常にサドルバックやツールボックス、もしくはジャージのバックポケットに入れておくと便利なアイテムです。ご自宅でのメンテナンスが多くなってくると、適当な長さとしなり感のあるアーレンキーセットが力をかけやすく取り回しがラクなため必需品になってきます。カーボン素材への閉め込み調整頻度が多くなったらトルク制御ができるデジタルトルクキーレンチなどとの併用も一考です。
また、ツーリング中のパンクは厄介です。修理経験のない方にとっては軽いパニック事態ですね。そんなとき、常備品として携帯しておきたいのがスペアチューブ(クリンチャータイヤの場合)と、タイヤレバー、パッチ、紙やすりなどのパンク修理ツール。また、ハンディタイプの空気入れは軽量コンパクトな手動ポンプタイプや、圧縮エアを一気に注入する手のひらサイズのボンベタイプがあります。どちらも緊急用と考えておくべきです。
メンテナンスに欠かせないのが、グリスや潤滑スプレーなどケミカル類です。活用のポイントは適材適所。クリーニングや潤滑コントロール、防水・防錆・艶出しなど、多種多様な機能が設定されていますので、使用目的はもちろん、対象パーツや素材部分によって使用可否や効果が異なります。間違ったものを使ったり、組み合わせたりするとパーツを傷める原因になります。詳しくは、店頭のスタッフにご相談ください。
アーレンキー(六角レンチ)

アーレンキー(六角レンチ)

パッチ

パッチ

潤滑油

潤滑油

エアポンプは仏式・米式などバルブ口の種類に注意。
パンク対策はタイヤの空気圧管理から。

スポーツバイクにとっては、タイヤの空気圧の管理がとても重要。乗り心地や走りに影響するだけでなく、パンクの誘発やホイール破損の原因になります。そこでおすすめは空気圧を確認できる圧力ゲージ付きのフロアポンプ。ゲージが上のほう(顔の近く)に付いているものはメーターが見やすいです。携帯用ポンプはアタッチメントでフレーム本体に着脱ができるものもあります(ただし盗難には要注意です)。空気の入り口となるバルブには英式、仏式、米式があり、専用バルブが必要です(ロードバイクに多いのが仏式、MTBに多いのが米式)。この3方式に対応するものが多いですが、中にはそうでない空気入れもあるのでよく確認してから購入しましょう。

便利に、美しく、パートナーをディスプレイするバイクスタンド。

風雨から自転車を守り、錆びや腐食を防ぐうえで、自転車は屋内に保管したいもの。とはいえ、手入れやスペース確保が伴わず抵抗がある方も多いことでしょう。でも、さまざまな工夫を施すこともバイクライフの楽しさのひとつです。まずは手軽な固定式のスタンドを使って、インテリアのメインモチーフとして飾ってみてください。フレームや車輪を留め金にひっかけるポールや壁掛け用金具などもあり、簡単に愛車をディスプレイできます。いつもオーナーの近くに置くという条件が、クリーニングや軽量化など、自然にメンテナビリティを向上させます。
バイクスタンドには簡単にひっかけるだけの手軽なディスプレイスタンドからメンテナンスやチューンナップの可能な安定性の高いタイプ、乗車して調整確認ができる負荷を考慮した固定性の高いタイプなどもあります。持ち運びが楽なため競技会場などでもよく見かけますが、アームハンドでフレーム本体を掴んだり、フォークを固定したりして、持ち上げた可動状態でメンテナンスできるスタンドもあります。
チューンナップスタンド

チューンナップスタンド

時間と距離を超えてバイクを楽しむなら
バイクも車も傷つけずに運ぶ 車載キャリア

競技場やキャンプ地への移動はもちろん、時間や距離の制約を超えてサイクルライフの行動範囲を広げ、楽しむうえでバイクの車載は欠かせません。バイクを車に積んで移動する際に活躍するのがサイクルキャリア。車の屋根や背面の社外積載用と、車内積載用ともに、バイクをそのまま積み込めるタイプ、前輪を外して固定するタイプなどがあります。車の車種や大きさに合わせてお選びいただくのですが、トンネル内の排気ガスや不意な雨風など、大切なバイクの保護を考えたら基本は車内積載。ラゲッジスペースに制約があるほど高度な工夫が必要となりますが、そんなときにもフォークやホイールが綺麗に格納固定できるキャリアを有効活用してみましょう。


フィジカルを鍛え、バランスを養うルームトレーニング機材

春は花粉症、梅雨空けをひたすら待って、夏は紫外線が強く熱中症気味、冬は北風が強く路面凍結も怖いし、なかなか練習できない。これでいきなりイベント出場では体力が心配です。ならば、天候に左右されず、合理的なポジショニングでトレーニングしたい。そこで活躍するのが、室内トレーニングできるローラー台です。体力の維持・強化だけでなく、安定したライディングフォーム調整に役立ちます。
タイヤドライブ式、リムドライブ式、3本ローラーの3タイプあり、タイヤドライブ式は負荷装置が搭載されたトレーニング機器でビギナーでも簡単に使えます。リアドライブ式も負荷装置を利用するのですが、タイヤを選ばず使えるメリットがある一方で、タイヤが面に着かないため実走感に欠けるところがあります。3本ローラーは、より自然でリアルな実走感があります。コツをつかめば、バランス感覚を養いながらペースを整えるのに最適です。競技でもフィットネスでも、勝利の方程式は日々の地道なルームトレーニングの積み重ね以外ありません。


快適性・安全性のアップ、メンテナンスなど、
これからの自転車ライフを支えてくれる用品・工具を揃えよう。
まずは最寄りのバイシクルわたなべ
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールをゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ