BIKE・パーツ用品

HOME > BIKE・パーツ用品 > 用品・工具 > サイクルアクセサリー

用品・工具

サイクルアクセサリー

安全性と走行性能の両立を
豊富なアクセサリー・ラインナップ

夜道も安全かつ快適に。
人気は、省エネで明るいLEDライト

自転車のライトは、取り付け位置や角度によって照らす範囲が変わってきますし、どんな光源を使うかによって明るさや照射特性が違います。安全確保の必須アイテムですので、しっかり選びたいところです。ハンドルへの取り付けには、ねじ留めのほか、着脱に便利なバンド留め、ゴムバンド留めなどいくつかの種類があり、ライトの角度調整機能が付いたアタッチメントなどさまざまなタイプがあります。光源は、省エネで対向車などからの視認性が高いLEDライトが人気です。初期費用が多少かかりますが、車輪の摩擦による発電で光るダイナモライトは、長期的に考えれば経済的で、電池切れの心配もありません。
自転車のライトは、夜道で前方を照らし出すだけでなく、車のドライバーなどに自分の存在を知らせる重要なもの。サドルなどに取り付けるテールライトも準備しておきましょう。
ヘッドライト

ヘッドライト

テールライト

テールライト

愛車を盗難から守る

大切な愛車が盗まれる。これほど悲しいことはありません。自転車を停める際は、サイクルロックを忘れないようにしましょう。ワイヤーが太くて頑丈なもの、コンパクトなもの、それからダイヤルタイプやカギタイプなどがあります。長時間駐輪するのであれば、やはり切断されにくい頑丈なものがおススメ。高価なロードバイクなどの盗難防止にはワイヤータイプの8の字巻き(前後ホイールとフレームを固定物と一緒に巻き込む)がおすすめです。頑丈な太いワイヤーは重量もあるのでそこは悩みどころですが、こうしたものと、簡便にロックできる通勤用や買い物用と使い分けるのも一つの手です。

ツーリングの必需品。スムーズな水分補給には
ボトルフレームも要チェック

サイクリストであれば、頻度の高い水分補給は当たり前。そのために欠かせないのが機能的なボトルです。ブランドネームの入ったボトルをフレームブランドとお揃いで装着する方も多いですね。トレーニングなどでは絶対重量を制限するために摂取ペースの確認がしやすい半透明ボトルは残量確認に便利です。夏場に活躍する保冷機能がついたボトルも人気です。そのボトルをフレームに固定するボトルゲージもさまざまな素材や形状のものが出ています。ロードバイクではフレームに2本付けが一般的ですが、ボトルゲージはツールボックスの装着にも使用できますので競技でなければ片方にスペアチューブやパンク修理用のツールを携帯するのにも便利。空気抵抗を考えてサドルと一体化したデザインのものや、サドルにボトル2本を取り付けられるパーツもあります。スムーズで安定したボトルの脱着を考えるなら、こちらもチェックしておきたいところです。


GPSからトレーニングマネージまで
PCやWEB連動の高機能なサイクルコンピュータが続々登場

スポーツバイクに乗り始めたら、やはり気になるのが速度や走行距離。それらをリアルタイムで計測してくれるのがサイクルコンピュータです。平均速度やペース配分、ケイデンス(毎分のクランク回転数)、心拍数を計測できるもの、GPSにより目的地までのナビゲーションやトラックバック機能まで付いているものもあります。また走行データをパソコンで管理できるものも。メーカーごとに管理用のアプリケーションが用意されていて、ウェブサイトから簡単にダウンロード可能です。商品によっては、専用のコミュニティサイトが設けられています。コミュニティのメンバーと情報交換などができ、日本中の自転車仲間と交流を図れます。

小物から旅の荷物まで。
目的別に最適なサイクルバックを

バイクに取り付ける荷物入れとしては、フロントバック、リアバック、サドルバックがあります。スポーツバイクでよく使われるのは、コンパクトなサドルバック。携帯用の工具類やチューブなどを入れておくのに便利です。シートポストに巻きつけるベルクロタイプ、取り外しが簡単なクリップタイプなど、取り付け方法の異なるさまざまなバックがラインナップされています。サドルレールを利用して固定するタイプは、その形状によって専用のサドルバックしか取り付けができないこともあるので、あらかじめ確認しておきましょう。特にカーボンレールを使用しているときは、破損やひび割れを防ぐためにも、負担がかかりすぎないものを選びましょう。旅行などで大量の荷物を運ぶ際には、キャンピングキャリアが用いられます。またバイクの持ち運び用には、ロードバイク、折り畳み自転車など各種バイクごと専用の輪行バックがあります。


快適性・安全性のアップ、メンテナンスなど、
これからの自転車ライフを支えてくれる用品・工具を揃えよう。
まずは最寄りのバイシクルわたなべ
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールをゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ