BIKE・パーツ用品

HOME > BIKE・パーツ用品 > BIKE > ロードバイク(ロード/シクロクロス/トライアスロン)

BIKE

ロードバイク

もっと速く、もっと遠くへ
人が風になれる軽快なツール

初めてロードバイクに乗ると、幼いころ初めて自転車に乗り始めた気持ちの高鳴りが蘇ります。人間のエネルギーをこれほど無駄なく活用して動く乗り物は他にないでしょう。地球環境対策や確実に痩せられるフィットネスとして有効なことは言うまでもありませんが、何よりも乗っていてたまらなく楽しい。その歓びが世界共通であることは、ファンライダーからシリアスレーサーまで、世界中の熱狂的なファンライダーの数が物語っています。

100年以上の超老舗から新たなジャンルを拓くブランドまで

ロードバイクはオンロード(舗装道路)のレース用に作られたツールで、多くのプロライダーやファンライダーから高いスポーツ性能を求められ、進化を続けています。ドロップハンドルに摩擦抵抗の少ない細いタイヤ。高い走行性能で長距離でも軽快に走り続けることができる、まさに究極のツールです。自転車ブランドは主に北米とヨーロッパに集中しています。もちろんジャパンブランド・アジアブランドもありますが、実際の生産拠点はもっぱらアジアに集中してきました。100年以上の歴史を持つ超老舗から新たなジャンルを拓くブランドまで、設計思想やグラフィックにそれぞれのお国柄の現れたデザインはお店で眺めているだけでも十分楽しめることでしょう。

フィッティング(ポジション出し)はどうして重要?

さて、ロードバイクの購入ポイントは、もちろんお気に入りのデザインであることも大切ですが、オーナーの体形やライディングスタイル(乗車姿勢)に合わせたフィッティングがとても重要です。適切なフィッティングができていないとお尻や腕が痛くなったり、脚の一部が攣ったりと、たくさんの問題を抱えることになります。また、走り込んでいきますとそれなりに腹筋、背筋が強化されて、空気抵抗の少ない前傾のエアロフォームもつくられていきます。
パーツやメカニックで調整できることはまだいいとしても、適切なフレームサイズの選択(アパレルと同じで海外モデルは日本人に合った小さいサイズが少ない)は調整域に限界がありますので、あらかじめ実績豊富なプロショップでのフィッティングをおすすめします。

ロード入門タイプの完成車は、お値段はお手頃、重いけど丈夫
アルミフレームにカーボンフォークタイプなどもあります

ロード入門タイプの完成車は、お値段はお手頃ですが、比較的重く、丈夫な仕様のものが多いです。コスト・パフォーマンスに影響してくるパーツの素材やコンポーネントのグレードは基本的なことはあらかじめ知っておいたほうが良いでしょう。いきなりカーボンフレームモデルは価格的にも……という方には、フレーム本体がカーボンより重めかつ丈夫で固めのアルミ、フォークとシートチューブやシートポストが振動吸収性が良いカーボン製というミックスタイプのエントリーモデルもおすすめですね。通常スキルが上がってくるとより軽量のフルカーボンタイプが欲しくなっていく方が多いのですが、剛性を維持しながら軽量化されていくほどにお値段もアップします。スキルやご予算にあわせて段階的にステップアップしていく方が多いですね。

あなただけの一台を製作します

バイシクルわたなべは、フレーム・パーツ指定組み付けオーダーや、コンポーネントの組み替えにも対応します。パーツ指定の完車組み付け、フレームの乗せ替え、コンポーネントのグレードアップなどもまずはご相談ください。

軽快に、より速く、より遠くへ、あなたの可能性を広げるならロードバイク。
まずは最寄りのバイシクルわたなべのお店で
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

シクロクロス

ページの先頭へ