BIKE・パーツ用品

HOME > BIKE・パーツ用品 > BIKE > クロスバイク/フラットロード

BIKE

クロスバイク/フラットロード

スタイリッシュに街乗り、週末はサイクリングも。
多目的に気軽に乗れる欲張り派のクロスバイク。

毎日の暮らしの中で気軽に自転車ライフを楽しむならクロスバイクがおすすめです。舗装道路中心で、より速く、より長い距離を走ろうと考えればロードタイプが適しているのですが、基本は街乗り、たまにはサイクリング、ビンディングペダルや腰高で前傾姿勢には抵抗が……という方におすすめしています。

クロスバイク

自然なライポジと、ロードモデル並みの走り

クロスバイクの特徴は(車種にもよりますが)おおよそロードバイクに比べて、フラットなハンドルやフレーム形状によってライディングポジション(乗車姿勢)がいわゆる一般用自転車に近いために、初心者には抵抗がなく自然に乗り始められます。MTB(マウンテンバイク)に700Cタイヤを付けて生まれたというルーツを持つバイクですから、ロードより太めのタイヤが付いています。細身のロードタイヤに比べて継ぎ接ぎの路面やマンホール段差などにも強く、快適性が高いというメリットが最大の特徴でしょう。
バイシクルわたなべのお客様でも、最初はクロスバイクから入門し、スポーツバイクの楽しさやフィットネス効果を体感して、そろそろロードバイクに挑戦したくなって……ということで来店いただく方も多いですね。一方、ロードレーサーでも街乗り用のセカンドバイクにクロスバイクを所有されている方も多くいらっしゃいます。


ハイクラスのモデルでは、よりスポーツ性を追求

もちろんクロスバイクでスポーツ性能の高い機種は豊富にあります。ハイクラスのクロスバイクになるほどロードバイク同様にフレームの剛性確保や軽量化がはかられていますから、フレーム素材やコンポーネントの組み合わせによってはいろいろな乗り心地が楽しめます。ある程度ハンドル高を調整できる機種もありますし、ロードバイク同様にタイヤやパーツ・アクセサリーなどの組み合わせで、一層快適に、スタイリッシュに乗っていただける工夫もできますので、スタッフにご相談ください。

フラットロード

フラットロード(フラットバーロード)とは?

一方、よくクロスバイクと混同されるフラットロード(フラットバーロード)は、簡単に言えばロードバイクのドロップハンドルをストレートハンドルに交換したモデル。基本的にはロードバイクですから、乗車姿勢以外はロードバイクと一緒です。当然ホイールやタイヤサイズもロードバイクと一緒で、ブレーキも多くがキャリパーブレーキを採用しています。

ロードバイクの入門編、セカンドバイクにも

このフラットバーロードにフラットペダルを組み合わせると、上でも述べた初心者がロードバイクに感じがちな“強い前傾姿勢”と“結合ペダルの恐怖”の2大ハードルがクリアでき、ロードバイクの入門編としても最適なバイクになります。
ロードバイクのスピードを気軽に楽しみたい方や、いつかはロードバイクと考えている方には、最低限のパーツのリプレイスでロードバイクにコンバージョンできるフラットバーロードは、大変おすすめのバイクです。セカンドバイクとしても、この気軽さは嬉しいですね。

扱いやすさと多目的性能で選ぶならクロスバイク。
まずは最寄りのバイシクルわたなべのお店で
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ